和婚で素敵な結婚式を挙げよう|HAPPY婚準備

結婚式の悩み

式場

近年では、結婚式の二次会の幹事代行サービスが少しずつ注目され始めている。一般的には、結婚式の二次会の幹事は友人に頼むことが多い。代行業者に頼むと、新郎新婦の負担が増えたり、費用も余分にかかるイメージがあるからであろう。しかし、金額の相場は、意外にも友人に頼んだ場合と変わらない。友人に頼んだ場合でも、事前の顔合わせの飲食費やお疲れ様会、一人一人への謝礼など、5〜8万円程度の費用が発生する。プロの代行業者に依頼をした場合でも、同様の費用で十分依頼をすることができる。業者によって違いはあるが、5〜8万円程度の基本料金とゲストの会費の総額ということになる。ゲストの会費収入に、会場の飲食費用が含まれる場合も多いため、実際に、数万円程度の負担で二次会を依頼することができるのである。

二次会の幹事代行を利用する新郎新婦は、まだ全体の1割程度であると言われているが、今後、さらに増加をしていくであろう。このサービスをうまく利用をすれば、友人に頼んだ場合と同様の費用で、新郎新婦や友人の準備の負担を減らすことができる。さらなるメリットとして、司会やプログラムなどに慣れたプロが運営をするため、披露宴同様のクオリティで二次会を行うことができるのだ。また、幹事のどの部分までを代行してもらうか、細かく選択することも可能だ。友人が行うアットホームな二次会の雰囲気がよい、というのであれば、演出の手配や準備、当日の司会のみ、など絞って依頼をすることができる。費用の負担を出来る限り少なくしたい場合は、煩わしい部分や大変な箇所だけを依頼することもできるのだ。新郎新婦のニーズに合わせた多種多様なサービスへと変化しているため、より理想の結婚式へと近づけることができるであろう。